業務日誌

信越線止まってる

いつもの帰りの電車。
亀田駅に停車しているあたりから駅アナウンスが流れていたのには気づいていたけど、
どうやら信越線下り新潟行が新津駅を出発できないでいるらしい。
そのうち上り列車にも影響でるかなと思っていたけど、
さつき野駅まではなんとか順調に進行。
ところがさつき野駅を出た列車はすぐに停車。
その先の信号が赤を示しています。
さらにそのむこうには下り列車の姿も。
これもどうやら動いていないようで…

ちょっと興味がわいたので新津駅まで自転車で行ってみることにしました。

フイシン踏切まで近づくと、上り列車は踏切手前の信号で停車中。
下り列車はどうやら総合車両製作所で新造され試運転中の車両のようで。
新津駅構内、ちょうど羽越本線との平面交差のあるあたりで停車していました。

10分ほどで動き出しましたが、新造車に不都合でもあったのかな?

磐越西線沿線取材

ヨメが最近観光協会の仕事をしているのだが、
SLばんえつ物語の取材をするというのでついていったよ。

新津駅で駅弁を買い、
津川駅まで乗ってSLを見送り、
津川駅のホームで駅弁を買い、
快速あがので折り返し咲花まで行き、
咲花温泉で風呂に入って帰ってくる。

この旅プラン、けっこういいなあ。
SLはちょっと物足りないけどそれなりに鉄分補給になるし、
温泉も入ってのんびり。
おすすめです。

ヨメの書いた記事↓
https://niigata-kankou.or.jp/blog/552

快速SL村上ひな街道号

今年もSLの季節がやってきました。
例年SL運行の初日は村上へのひな街道号で始まります。

今年はまあコロナもあるので乗ることはせず
村上へ向かうSLを見送ってきました。
新津駅を出発したばかりの力行中。
勾配の右カーブ。
そんなところなのに撮り鉄はあまりいない。
絶好のビュースポットです。

スマホでカメラ構えながら手を降って見送りました。

きかんしゃトーマス展

きかんしゃトーマスの原作本「汽車のえほん」シリーズが出版75周年ということで新潟市美術館で展示会が開催されていました。
だんなは前売券まで買って見に行く気合の入れ様。
本当に小学生の頃から好きだったのですよ。

トーマス展としては新潟で2回目かな?
以前にも新津美術館でありましたが、そちらはどちらかというとTVシリーズが中心。
初期の模型で撮影された「きかんしゃトーマス」などの展示が多かったですが、
今回は原作中心でしたね。

あっさりしたダルビーの絵から、ケニー、エドワーズ夫妻と画家が変わり、精密度が増していくのがわかるなかなかの展示でした。
・・・新津美術館での展示よりちょっとあっさりだったかな?

会場は基本的に撮影不可ですが、一部撮影OKの場所もあり、
HOサイズの模型も走っていました。
あちこちに物語のシーンが再現されていたりw


穴に落ちるトーマス


雨に濡れるのが嫌でトンネルに立て篭もるヘンリー

どうしても気になったのが、
入り口で迎えてくれたトーマスの模型。


釣りをしたトーマスのワンシーン

釣りに興味が湧いたトーマスだが、機関車ができるわけがない。
そんなとき蒸気の元となる水が足りなくなったので
川の水をバケツで汲み上げて水タンクに入れて走ったら
トーマスは具合が悪くなってしまった。
どうしたのだろうと水タンクを覗いてみると、
そこにはなんと魚が泳いでいました。
トーマスは川の水と一緒に魚も釣ってしまったのです。
しかたがないので機関士が釣り竿で水タンクから魚を釣りました。

という話のワンシーンなんだけど、
よーくみると水タンクのフタは開いていないし
釣り竿は水タンクの上ではなく、蒸気だめの上にあり
ぜんぜん釣りをしているシーンになっていないんだな。
この模型を作った人はタンク機関車の構造をよく知らないで作ったんだろうな。

そんなんじゃ、オードリー牧師に怒られるよ。

 

E235系スカ色試運転

正月からずっと大雪にやられてます。
JR新潟支社管内は丸一日運休も含めて毎日のようにダイヤは大荒れ。
だんなも通勤できずに休みになったり遅刻したり。
駅までの通勤経路も一部雪に埋もれてしまっているため、
線路を渡って反対側の道を歩いています。

今日もテクテクと帰ってきて第二川口踏切を渡ろうとした時、踏切が鳴り始めました。
「珍しい時間に鳴るなあ」と思って待っていたらE235系スカ色が走っていきました。
今日は新津の総合車両製作所が作った車両の試運転があったのね。
後ろで小学生が
「東京はこんな長い電車が走っているんだ〜」
って言っていたのが面白かったw

https://youtu.be/arv0vo4tOhQ

2020年業務報告

年末恒例本年度業務報告です。
今年の増備車両は0。合計870両で変わらず。
相変わらず使えるおこづかいが少ないのが…
というのもあるけれど、
これはというアイテムがなかったことと、
感染症拡大の影響でイベント等もなかなかできなかったのが

大きく影響しましたね。

そんななかでも少し落ち着いてきた10月には
秋葉区文化会館ミュージカル「走れ!ロコモーション」のロビーイベントを担当させてもらい、
秋葉区の歴史を鉄分多めで取りまとめて2週間の展示。
上演当日には運転会もさせてもらいました。
12月には銚子電鉄の自主制作映画「電車を止めるな!〜呪いの6.4キロ〜」の上映会を開催。
感染症対策を行いながらという貴重な経験をさせてもらいました。
また両イベントではだんなCafeをオープン。来客に淹れたて珈琲を提供するという試みを行ったのですが、
これは春の古津駅でやりたかったホームで淹れたて珈琲を飲む試みのプレという裏の意味もあったりしました。
桜咲く古津駅で珈琲飲みたいな。

来年はいい年にしたいですね。
それではみなさんよいお年を〜