業務日誌

春の植物園まつり 秋葉区一箱古本市

5/4から5/5にかけて県立植物園で秋葉区一箱古本市が開催されました。
一箱古本市は一箱に入るくらいの本を譲り合うイベント。実は12月から毎月参加。古本ではなく秋葉区関係の同人誌をヨメが作って売っていましたが、ふと「Nゲージの写真にケイブンシャの大百科シリーズみたいな解説をつけた本を作ったら面白いんじゃないかな?」と思い立って、だんなも本を作ってみました。


おおきなこどもも ちいさなこどもも
にいつのてつどう大百科in Nゲージワールド

解説は子ども向けに噛み砕いて漢字にふりがなもつけて、新津を走る鉄道を紹介する本に仕立てました。
写真は以前撮影したものを使って簡易的に…と思っていたけれど、意外と使える写真がなくって、再撮影。さらに背景などをフォトショップで加工したり、けっこうこだわって作ってたり。
子どもに喜んでもらえるかな?

さて当日は…暑い!
6月7月の陽気のなか、古本市開催です。

初日は普通に本を売っているだけでしたが、何人か子ども連れが読んでいってくれました。買ってはくれなかったが…
それでも初日店じまいをしていると「鉄道の本が欲しい!」ってもう一度戻って来てくれた子どももいて嬉しかったね。

2日目はミニレイアウトを持参。手回し発電機でくるくる回しながら子どもを引き寄せます。

しかし…子どもを引き寄せるのは成功したが、レイアウトだけ見て帰ってしまう…
これは失敗だったかなあ。

けっきょく10冊作って売れたのは1冊。まあ同人誌なんてこんなもんだけどね。いい本になったと思うんだけどなあ。
ちなみに古本市では同人誌だけでなく、だんなが最近ハマってるレジンアクセサリーとかも売りましたが、こちらはそれなりに売れました。

引き続き毎月第1日曜日開催の一箱古本市で売りまーす。
まあ、買わなくても読みに来てね。

ATS-P

あんまり詳しくはないんだけど、高架になった新潟駅はATS-Pが採用された関係でキハE120形が新潟駅に入れなくなったらしいね。
ふと気になってC57-180についても調べていたらやっぱりATS-Pは搭載されていなかった。

SLばんえつ物語が新潟駅発着から新津駅発着になったのは「SLが高架の坂を登れないからじゃないか」とか「屋根がついて煙を逃せなくなったからじゃないか」とか「ホームの有効長が足りないんじゃないか」とかいろいろ言われているけど、実際は安全装置であるATS-Pの未搭載が理由なんじゃないかな?
と想像してみた。

SLばんえつ物語が新潟〜新津間を走らなくなったので、すぐ近くの線路で姿を見ることができなくてちょっと寂しいよ。

にいつのてつどう大百科

Nゲージをジオラマ上で撮った写真を使って、ケイブンシャの大百科シリーズみたいな本を作れたら面白くないかな?
とふと思い立ってひさしぶりに同人誌を作成。
目指すは大百科シリーズ+小さな子どもも楽しめる絵本みたいなものを。

すでにある写真を使って手軽に作成…
と最初は考えていたのけれど、やっていくうちにいろいろこだわっちゃって、いい感じの本になりました。表紙のロゴもゴシック体文字を台形にしたりしてそれっぽく。Nゲージの写真も全部撮り直してフォトショップで軽く加工したり。
キャプションには「おおきなこどもも  ちいさなこどもも」

5/4~5の秋葉区一箱古本市(in県立植物園)で販売の予定です。
遊びに来てね~

ふらっと新津駅へ

出かけようかな? どうしようかな? と庭へ出て考えていたら、庭から見える信越線を新津方面へShu*Kuraが走り抜けて行ったので、追いかけてみようとふらっと新津駅へ電車で出かけました。
いました、Shu*Kura。5番線に停まっていました。どうやら運用ではなく、回送でした。そういえばShu*Kura編成は新津運輸区の所属だったか。

いい機会なのでいろいろ細かいところを観察。
Shu*Kuraのベースはキハ40。だいぶ古い気動車ですが、近代化改修もされているようです。


ヘッドライトがLED化されているね。

しばらく観察していたら4番線にキハE120が入線。側面のオコジョが描かれたカワイイやつです。でもこいつ、ATS-Pが搭載されていないらしく、高架になった新潟駅に入れないらしいね。そのおかげで新潟〜新津間で見る機会が少ない…

ちょっとした時間つぶしに新津駅まで来ていたけど、いいもの見られました。

車内アナウンス

信越線荻川〜亀田間はちょっと駅間が長い。二本木のあたりに駅を作ろうって動きがあるのもちょっとわかる。まあどれだけの人が使うかは疑問だが。

その長い駅間の間に今までは検札とか行われていたけど、最近外国語の車内アナウンスが流れるようになったね。

車掌の生アナウンスに続いて、英語、中国語、そして最後はロシア語か?

国際的だねえ。

まあ朝の通勤電車内は日本人の学生かサラリーマンだらけだが。

新潟駅高架ホーム

仕事帰りに越後線で青山へ。時間もろくに見ずにホームに上がったら、越後線はちょうど出発するところだったよ。